audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

洋楽

【おすすめ音楽】[Eric Clapton「Change The World」]圧倒的ムード!濃密な愛の世界観を構築している名曲

Change The World 濃厚な密度のある音楽空間。エッジの利いた鮮やかなギター。ムードを演出する大人びたセクシーボイス。成熟したアダルトな雰囲気を醸しているのに、しかし歌詞はどこかお茶目で夢見がち。ウィットが利いて遊び心に満ちている。丁寧な表現に…

【おすすめ音楽】[Daryl Hall & John Oates「Intuition」]恋が色づく、その直感

Do It For Love 穏やかなリズムとギターに乗って静かに優しく愛の直感を歌う。穏やかなメロディーは突然の恋に驚き、そして彩りを増す。それは恋を知ったことにより何気ない日常が色づいたかのようだ。 恋のドキドキする気持ちを思わせる遊び心のあるメロデ…

【おすすめ音楽】[Damiano Baldoni「A Ghrá」]ケルト民族の素朴で自然と近い感性のようなものが現れている

Dam Lab - YouTube ヨーロッパ古代の民族ケルト風の味わいを感じさせる北欧トラッドミュージック。木彫のような素朴でやわらかな温かみのある曲調で、音色に心を掻き立ててくるものがある。目を閉じて旋律に身を委ねれば、そこに広がるのは恵みをもたらす青…

【おすすめ音楽】[Ne-Yo「Mad」]愛のすれ違いを、深くえぐるような哀切の声で丁寧に歌う

Mad (Album Version) 相手のことを深く思い、愛情を注ぎたいのにうまく言葉や態度にして伝えることができない。どころか、素直になれず諍いの元にさえなってしまう。そんな愛情の本末転倒な「Mad」な状況を丁寧に歌う。 透明に近いよく伸びる声が、それゆえ…

【おすすめ音楽】[Meg & Dia「Monster」]愛に飢える

Something Real 愛して欲しいと訴えかける恋人。しかし愛するというのはどういうことなのだろうか。男と女。いや、同性同士でも心が違えば、たとえ似た身体でも気持ちが空回りし、すれ違い、渇きを覚える。そのとき愛はひどくいびつで近寄りがたいものですら…

【おすすめ音楽】[The Gaither Vocal Band「When I Cry」]悲しみの底で恩寵を求める祈りの歌声

Best of the Gaither Vocal Band 大事なものや人を失った喪失感と悲しみに沈むとき、引き裂かれ、救いを求める心とたしかに感じる運命的なものとの絆。どんなに救われないと落ち込むときにもいっしょにいてくれるあたたかな存在。僕らはそれを神と呼ぶのだろ…

【おすすめ音楽】[Oddisee「That's Love」]緻密な言葉の洪水に愛の価値を穏やかに詰め込む

That's Love 物語性の高い言葉を穏やかでしかしエネルギッシュな音楽に乗せて語る、細密画のような曲。映画の一コマ一コマ、あるいは写真集の1ページ1ページをなぞるように、歌詞は自分が思う愛のある場面を歌い、それに救われてきた境遇に素直な感謝を捧…

【おすすめ音楽】[Yellowcard「Believe」]どんな状況でも心の強さを信じろ。全てなせばなると信じるんだ

Believe 危機を告げるかのように心揺らす弦楽音。だが強いビートサウンドとともに全身に活力がみなぎり、心の準備をつける。それを待ったかのように冷静な語りかけから始まるボーカル。しかし勇気を奮い立たせるように力強さを増し、「強くあれ、なせばなる…

【おすすめ音楽】[Backstreet Boys「Drowning」]水底に溺れていくような切ない恋心を丁寧に歌う

Drowning 恋をしたときのあの切なく苦しい、焦がれるような心。心にぽっかり穴が空いて、それを埋められない強く求める気持ち。そうした恋するありさまを穏やかなピアノの旋律に乗せて優しいボイスが歌い込んでいく。 サビでは一気に華やかさを増し、ビート…

【おすすめ音楽】[Gipsy Kings「Inspiration」]穏やかだが心をかきならすギターの音に鮮やかな色合いがある

Inspiration 穏やかな旋律から徐々に勢いを増し、心をえぐるようなギターの音。心になぜか色鮮やかな四季の風景が浮かんでは消える。その情景には郷愁が感じられ、どこか懐かしいあの日を思い出させる。 後悔も感慨も全て淡く、しかし豊かにギターのつま弾く…

【おすすめ音楽】[Matt Bianco「Ordinary Day」]ムーディーなラテンの香りいっぱいのボサノヴァ

Ordinary Day (Album Version) どこかくすんだ苦みがありながらも陽気なメロディー。大人びて落ち着いたボーカルに管弦楽器が楽しそうに絡みつく。 ブレイクタイムの珈琲のような安らぎをくれる不思議な曲だ。 Ordinary Day マット・ビアンコ ジャズ ¥250 pr…

【おすすめ音楽】[Angela Ammons「You'll be Gone」]失恋の悲しみを哀愁ごと力強く吹き飛ばす

You'll Be Gone 恋人が去った意味を問うボーカル。しかし真実を問う一方でそれを直視できない哀愁も伴う。ただ恋人が去ったこと、それだけが現実となって彼女を苦しめる。 混乱した心を深くえぐっていきながら、彼女は一つの事実だけを受け止めて前を向こう…

【おすすめ音楽】[Sixpence None The Richer「Within A Room Somewhere」]フラストレーションの突き抜けるようなサビは聴き応えあり

Within A Room Somewhere (Radio Edit) 心の琴線に触れるかのような静かで穏やかなイントロから入る。ボーカルもゆったり静かに語りかけてくるかのように穏やかだ。 しかしサビに向かって行くにつれ、ボーカルは揺れていき殻を破って羽ばたくように上へ上へ…

【おすすめ音楽】[Christopher Tin「Baba Yetu」]壮大な地球規模の息吹

Baba Yetu [feat. Soweto Gospel Choir] 人類史を辿るような壮大なゴスペルサウンド。スワヒリ語の独特の響きがキリスト教的な曲調を、しかし異教的で雄大な自然の大地を感じさせるものに変えている。これはサウンドのシンクレティズムとでもいうべきものだ…

【おすすめ音楽】[Jim Beard「DIANA」]ゆったりした中ではぐくまれていく高まり、時代の潮流

DIANA 穏やかなテーマを繰り返しながらゆったりと曲は進んでいく。思い出、情景、時代の流れ、そういったものをゆっくり辿るように曲は徐々に鮮やかになっていく。そこにはいつも変わらず照らし続ける静かな月が浮かぶ。 月の神ディアーナはしかし、同時に豊…

【おすすめ音楽】[Jess Glynne「Home」]寂寥感と孤独を感じさせるのに、圧倒的な魅力を持った曲

Home 重みのある地鳴り感のある重低音。迫力はあるが、どこかけだるげだ。その重厚な中をボーカルだけが寂しく過ぎていく。 歌詞には寂寥感と孤独感が表れている。しかしパワフルで聴き応えがあり、聴いているうちに素直に引き込まれていく。派手さはないが…

【おすすめ音楽】[Taylor Swift「All Too Well」]過ぎ去った恋のはずなのに気持ちの整理がつかない

All Too Well もうとっくに過ぎ去ったはずの恋。けれどもつい昨日のことのように思い出の一つ一つが甦り、胸をえぐる。忘れようとすればするほど、むしろ生々しく浮かび上がってくる。 もう気持ちの整理をつけなければいけないのはわかっているはずなのに、…

【おすすめ音楽】[Doobie Brothers「What A Fool Believes」]耳に残る陽気でもの悲しい恋の歌

What A Fool Believes 陽気なテンポに軽快なステップを踏むようなボーカル。 明るい曲調。 だが歌詞はもの悲しい。 去っていった恋人のことを思い続ける愚かな男、だが彼女の思い出にすらなっていない。 そんな男を小馬鹿にしているようで、しかし歌詞は温か…

【おすすめ音楽】[The Corrs 「Summer Sunshine (Acoustic)」]南欧の暑い日差しを感じるようなラテン風のアコースティック版

Summer Sunshine (Acoustic) 夏の日差しの中に混じる空虚な気持ち。 照りつける暑熱の中で浮かれたように愛する人を追い求めてしまう心。 短めのまとまりのある曲だが、繰り返されるサビのメロディーラインが募る想いともの寂しい情景を印象づける。 感光板…