audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ワイヤレスイヤホン KSDream KS-U8 レビュー】かなり量感のある音というか単純に音量大きめに出る。高域はおとなしく、中低域に寄っていて全体的にもっさり。JAZZ向き

KSDream(KSドリーム)イヤホンワイヤレスBluetooth 耳掛けタイプ スポーツヘッドホン コードレス マイク内蔵 通話ランニングVer.4.1 ハンズフリー ノイズキャンセリング搭載 防水防汗 HD高音質イヤホンヘッドセット 技適認証済メーカー保障1年付き (黒)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170418084954j:plain

ASIN

B01KX10G7W

 イヤーフックのついたスポーツタイプの外観。遮音性はあまり高くなく、音漏れもやや目立つ。

 aptXには対応しない。通信性能はかなり安定している。遅延はなく、動画鑑賞に問題ない印象。音飛びも見られない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、携行袋。細身の平形コードには若干のタッチノイズがあるが、それほど目立たない。

 

 

【2】音質

 音質的にはかなり重たい深掘りされた低域中心になっており、全体的に暗い。中域以上のギターやハイハットなどのパーカッションが弱く、キーボードやボーカルはそこそこ出ているものの、低域の支配力が圧倒的。重苦しいと言えるくらい重厚であり、高域はかなり元気がない。なにより音量が大きく出やすく、ほかのイヤホンの適正音量でそのままこのイヤホンで聞くとかなり大きいので注意。

 

[高音]:高域は素直に存在感がなく、元気なく消え入る感じ(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域もやや元気がなく、低域にひっぱられがち。かなり篭もった感じがある。

[低音]:かなりブーミーかつ分厚く図太い音で、100hz~20hzくらいまで素直に減衰する。ドラムやベースはかなり深掘りされた地熱の強いボコボコとマグマが沸き立つような音になる(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:低域がかなり支配的で下方向に引っ張り、中域以上はやや遠い(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:重たげでけだるげともいえるようなドラム優位(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:高域以上はのびやかさがないでもないが、なんとなく元気がないので明るい感じはうまく出ない。

 

【3】官能性

 東京カランコロン「スパイス」はかなりドラム優位でバスンバスン利かせてくる。ハイハットなどは弱めで疾走感はうまく出ず、ややけだるげに聞こえる。

 分島花音「world's end, girl's rondo」は弦楽の利きがやや弱いのでチェロ以外情感に乏しく、響くドラムと相まって全体的にダークでヘヴィな雰囲気が強い。

 Rusmus Faber「冒険でしょでしょ? Jazz Ver」はピアノが重厚で、低域の鳴り方も深掘りされてムード満点。満足度はかなり高い。

 

【4】総評

 JAZZ向きといえる味付け。ポップス・ロック・ダンスなどは中高域のやや独特な表現と支配的すぎる低域に引っ張られて暗くなってしまいがち。大人びた雰囲気のジャズをじっくり味わうにはかなりおすすめできる。

 

 

 

【5】このイヤホン向きの曲

 このイヤホンでジャズを聴くとその圧倒的な量感と地熱感にゾクゾクくる。ジャズピアノの硬質な表現もうまく、圧倒的な密度がある。ジャズを聴くためのイヤホンと言って良いのではなかろうか。

 

KSDream(KSドリーム)イヤホンワイヤレスBluetooth 耳掛けタイプ スポーツヘッドホン コードレス マイク内蔵 通話ランニングVer.4.1 ハンズフリー ノイズキャンセリング搭載 防水防汗 HD高音質イヤホンヘッドセット 技適認証済メーカー保障1年付き (黒)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスイヤホン Mixcder Flyto レビュー】かすかに歪みを感じるが、全体として音に精彩はあり金属楽器を中心に生々しさが感じられ、バランス感覚にも優れる

Mixcder Flyto カナル型 高音質 Bluetoothイヤホン ワイヤレスイヤホン マイク付き 防汗 防滴 ハンズフリー 搭載 (ブルー・ブラック)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170417113755j:plain

ASIN

B01F4XA2UA

 イヤーウィングつきで装着性はかなりしっかりしているが、長時間使用で若干耳に痛みを感じた。スポーツ向けとしてはかなりしっかり固定されるが、通勤通学用としてはきつすぎるくらいかもしれない。ウィング自体は着脱できるので、取り外しても良いが、そうするとハウジングがやや重いので、装着性がだいぶ下がる。遮音性はそこそこ高めで、音漏れも少なめ。

 aptXには対応しない。通信性能はかなり安定している印象だ。遅延はほぼ感じられず、音飛びなどもなく動画鑑賞もきわめてスムーズで実用的なレベルだった。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、日本語含む多言語マニュアル、携行ケース。細身のコードにはほぼタッチノイズはなく、この点はスポーツ用途としては好ましい。

 

 

【2】音質

 音質的には全般的に精彩がよく出ていて、とくに金属系楽器の硬質な表現がうまく、低域もほどよく出ており、リズムムードと空気感の表現にはそこそこの妙味がある。一方で空間表現はやや平面的であり、奥行きはそれほど感じられない。ボーカルは自然な味わいでのびやかさもなかなかにあり、天井はそこそこ高く感じられる。音域の高低バランスもよい印象で、全体としてバランス感覚の良さを感じさせる。

 

[高音]:高域にはほどよい伸びやかさと透明感が出てきれいな印象だ。天井もあまり意識しない高さがある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域は若干近く、奥行き感はそれほど感じられない。ピアノや金管楽器、ギターのつま弾き音、ハイハットなどの金属楽器の表現はきらびやかさとほどよい硬質感が出ており、なかなか秀逸。木管も震えが感じられるしっかりした表現になっていて、好感が持てた。

[低音]:低域の振動はほどよい締まりがあってビィーンといった感じの音。減衰は素直で深掘りを感じやすい。ドラムはほどよい粘りがあるパバンパバンといった感じだが、前面にあまり出てこない印象でおとなしめ(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:やや中域が近く、カマボコに感じられる。高低としては低域はややおとなしく、高域の方向に抜けている印象はある(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは粘りと反発力を感じる音だが、ややおとなしめで弾けが強く出る傾向にあり、ハイハットなどが精彩に富むので疾走感が演出されやすい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:比較的自然でのびやかな味わい。かすれる感じはないが、息遣いも結構うまく出ている印象で反響感も出るがしつこさはなく、素直に透明感が出ている

 

【3】官能性

 奥花子「桜並木」はアコースティックギターとピアノの精彩感と近さがあって、かなり色づいた印象を受ける。ボーカルの息遣いも聞こえる生々しさもあり、やや豪華な雰囲気となって憂愁はだいぶ薄まっており、むしろきれいに花咲く桜の情景が強く意識される味わい。

 Kylee「大好きなのに」はドラムが粘りと弾けがありながら強く出過ぎず、素直にボーカルが引っ張る展開で、それに彩りをそえるピアノなどが比較的強く出る。そのため全体としてパンチの利いた疾走感と彩りに満ちた味わいで明るい。ボーカルはそれほど高く伸び上がる感じはないが、元気があって活力に満ちている。

 ClariS「nexus」はかなり緻密な表現が密度高めに展開される。奥行き感はないが、効果音の演出は十分出ており、しかもガチャガチャしない。全体として軽快ながら精緻に描き込まれており、中毒性は高い。一方でボーカルはやや単調となっており、楽器音に比べると精彩に乏しい。

 やなぎなぎ「春擬き」は疾走感と活力に満ちている。中域の充実感が元気よく力強い曲調になっており、ボーカルの高域に抜けていく高さは若干弱く、その意味でサビでの高揚感には欠けるものの、むしろサビ前での息遣いなどに味わいポイントが多く、満足度は高い。弦楽の情感表現も巧み。

 

【4】総評

 全体的に音に精彩感があるが、とくに中域の密度はなかなか味わい深い。低域、高域は抑え気味に思うが、それでもバランス感覚はしっかりしており、低域はしっかり弾み、高域はほどよい抜けの良さがあって味気なくは感じさせない。中域の中毒性の高い表現を味わうには最適で、通信性能の安定性の高さを考えても、そこそこのコスパの良さを感じる。曲によってははじのほうにざわつきを感じる。

 

 

 

【5】このイヤホン向きの曲

 疾走感がうまく出る。中域の密度が高く、元気よく駆けだしていくボーカルとそれを支える楽器音の奔流に魅力がある。

 

 ややドラムがさっぱりしているが、弾力は良く出ているので全体として疾走感が強く出る。中域の密度が高いのでギターとボーカルの絡み合いはよく聞こえて中毒性がある。

 

Mixcder Flyto カナル型 高音質 Bluetoothイヤホン ワイヤレスイヤホン マイク付き 防汗 防滴 ハンズフリー 搭載 (ブルー・ブラック)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスヘッドセット AUSDOM AH850 レビュー】もっさり+ゆったり=もったり?全体的に鈍重ともいえる厚ぼったい低域の上に分離されるボーカル表現

AUSDOM ah850 Bluetooth v4 . 1ワイヤレスヘッドフォンマイク付き

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170414013535j:plain

ASIN

B01824UV0E

 丸みを帯びた、ちょっと子供っぽいトイスタイルの、シンプルなデザインワイヤレスホン。付け心地に圧迫感はなく、イヤーマフも柔らかい。折りたたみ可能。

 aptXには対応しない。通信性能はそこそこ安定。音源機器との距離によって若干音飛びや遅延が見られる傾向にあるが、2~3mの常識的な範囲では途絶することは見られなかった。ただ一部機種だけ相性があるのか長時間使用で通信が不安定になる傾向が見られた。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、AUXケーブル、日本語は含まない多言語マニュアル。

 

 

【2】音質

 音質的にはまずブーミーで沈み込む低域が目立つ。そのうえに分離されたボーカルを中心にやや広めの中域が展開されている感じで、温泉に浸かったような音質といった感じだ。強すぎないが、ボボンボボンと空間への反響感のある低域が何より特徴的で、ドラムは特に重く深く腹に沈む感じで支配的になる。全体として熱気の強い低域でゆったりしており、粘り気はなく湯気のように空間に充満する味付けだ。

 

[高音]:高域は比較的天井が近く、音質は全体的にドライ(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域はかなり奥まり、広く聞こえる。情感はほどほど出ているようだが、低域の支配力が強いので、どうしてもその熱気に持って行かれがち。全体としてややドライでもっさりしている感じがする。

[低音]:厚みのあるぼーっとした音。70hz付近がピークで50hz以降はだいぶ沈む。この振動幅の広そうな音質が、空間全体にもやもやっと熱気を加える効果を与えているようだ。荒れて強く振動する感じもないので、素直に深掘りされ、床面も感じにくい(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:全体的に厚みのある低域に下半身が浸かっているような、下方向に広く深い空間表現。上は天井感がある(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムはバチバチと粘るところがなく、ドシンドシンと比較的重みと熱気が素直に出る音。なので耳に優しい鳴り方で表現としてはややぼんやりしている。ハイハットは全体的に側面よりで弱めなので疾走感はそれほど出ない。全体としてドラム優位だが、それもゆったり気味(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ややドライで高域の伸びやかさはそれほどないが、分離感はしっかりしており、比較的楽器から離れて中心にしっかり居座る。

 

【3】官能性

 やなぎなぎ「音のない夢」はかなり大味。全体的に温度感の強い低域とやや暖色的な硬質感のあるピアノが感光したような鮮やかな色合いを作る。ボーカルは分離されて一貫しており、ややハスキーでこちらもドライな温度感があるので全体としてサウナにいるかのような暑熱のある表現になっている。

 AKINO with bless4エクストラ・マジック・アワー」も熱量高め。ボーカルの力強さとドライさにかなり磨きがかかっており、低域付近は楽器とコーラスがまさに温泉のように熱くて厚い膜を下方向に作る。全体的に熱気に支配された濃密な表現で浮かされるところはある。

 沢井美空「なきむし。」もピアノの音に温度感があり、低域の熱気と相まって全体的に暖かい。全体的にあかね色というかセピア色というか色づいた雰囲気があり、卒業アルバムを覗くような胸に温かい雰囲気になっており、失恋の後悔よりは未熟さを改めて懐かしむ情緒の安定がある。

 

【4】総評

 軽量で長時間つけていても疲れたり痛くならない付け心地は評価できる。音質的にも暖色の強い熱気のある低域は魅力で、好みが合う人にはおすすめできる。ただ低域好きでも刺激の強い粘りがあるほうが好きだったり、全般的に繊細さを求める人にはボケた表現と感じられるため、値段相応の価値は見出しがたいだろう。聞き疲れしない味付けではあるが、キラキラ感やエッジに乏しく、どんな曲もほんわかほこほこした感じになりがちなので、単調にも感じられる。

 

 

 

【5】このヘッドホン向きの曲

 心をかき乱すような焦燥感と寂寥感のある低域に、ちょっともの悲しげなボーカルがドライに響いて全体として濃密に感じられる。密度の高い低域に比して広く感じられる中高域が虚空を感じさせ、心にぽっかり空いた孤独感もうまく表現されている。

 

 圧倒的な熱量を感じさせる低域が魅力。やはり全体的にドライで熱すぎる感じがもの悲しさ、所在の無さとどこか慌ただしい感じにつながっており、やや情緒不安定なところも含めてこの曲の複雑な心情をうまく表現する。

 

  やや低域の熱量強めだが、ボーカルもドライでやはり孤独感がよく出る。空間全体にぼんやりと響く低域はここでも中高域以上の虚空を感じさせ、高く浮かぶ孤独な月が目に浮かぶ。

 

AUSDOM ah850 Bluetooth v4 . 1ワイヤレスヘッドフォンマイク付き

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Q9A レビュー】緻密でやや繊細すぎるところはあるが、バネのある中域が魅力のイヤホン。すっきりのびやかで比較的万能

〔5色展開〕SoundPEATS サウンドピーツ Bluetooth イヤホン 高音質 aptXコーデック対応【メーカー直販 / 1年間保証】低遅延 外れにくい 耳掛け式 Bluetooth 4.1 + CSR社チップ採用 IPX4防水 IP4X防塵 スポーツイヤホン マイク付き ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング 音漏れ防止機能 ブルートゥース イヤホン Bluetooth ワイヤレス イヤホン Bluetooth ヘッドホン Q9A ブラック

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170413170852j:plain

ASIN

B01CN45V6I

 イヤーフックつきのやや大きめな台形ハウジングは最近スポーツタイプを中心に流行しているデザイン。イヤーピースは傾斜を伴って耳に深く差し込まれるので装着感はしっかりかつ装着性も高い。

 aptXに対応する。通信性能的にはやや相性があるようで、PC用のaptX対応レシーバーでは通信が非常に不安定で実用性皆無だったが、手持ちのAndroidタブレットiPhoneのaptX対応機種では遅延や音飛びなどはなかった。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、英語マニュアル、携行ケース。平形コードには全くといっていいほどタッチノイズはなく、スポーツ用途としてはこれも好ましい。

 

 

【2】音質

 音質を一言で表現すれば緻密かつすっきり。細かいところまでかなりきれいに表現するが、それに拘泥しすぎない開放的な距離感とのびやかさも備えており、情報量の多い曲でもガチャガチャしすぎずに圧迫感がなく、爽快感が失われていない。低域はかなり薄味で中高域、とくに中域の充実度と空間表現が巧みなので、全体的に開放的かつ軽妙という味付け。やや軽すぎて走りすぎる傾向もないとはいえないので、細かいところでは好みは分かれるかもしれないが、ダンスミュージック・ポップス・ヒップホップ・ゲームミュージックなどに比較的万能な性能を発揮する。高さもよく出るので空間的な面白みもあり、中毒性はなかなか高い。

 

[高音]:高域もほどよく丸みもあってなめらかにのびるリニア感のあるスムーズな鳴り方(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域は緻密だが音の消失はすっきりしているので後味はそれほど強く残さない開放感を伴った音。ピアノや弦楽ともにほどよい色彩とのびやかさ、そしてくどくならずほどよく消失するバランス感覚があって、全体として優等生的な鳴り方。

[低音]:低域はかなりおとなしく、振動も強くなく線に近い細かなもので、50hz以下はとくにおとなしい。おそらくこの締まった特徴が、ドラム音などに弾みを持たせており、熱量を伴いながら反発する弾力を感じさせている。低域重視ではないため量感にはやや乏しいが、存在感はしっかり感じられる低域(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:足場はかなりしっかりした床を作るため、全体として三角形に上に高い。体育館の床面のようなはっきりした反響があって、下では上方向に音が上がっていく感覚を感じる。上は天井も高く、女性ボーカルはサビでスルスルとのびやかに上がっていく(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは軽妙。ハイハットはかなり緻密に粒感が出るので、全体として軽快な印象(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:若干がなる傾向がないでもないが、比較的良質でまるっとした抜けの良い感じの声質になり、とくにアニメ声との相性は良さそう。

 

【3】官能性

 鹿乃「腐れ外道とチョコレゐト」は軽妙なリズム表現の上にかなり変化に富んだ音が盛り込まれ、ガチャガチャうるさくなりやすい曲だが、このイヤホンはそうした情報量過多な表現をこの曲本来の持ち味である軽妙という方向にうまく消化しており、良質。ボーカルにかかるエフェクトと消失感、それに伴う残響感もなかなか秀逸で文句ない。

 Rasmus Faber銀河鉄道999 JAZZ Ver.」はこのイヤホンで聴くと低域の密度は減って聞こえるので、どちらかといえば軽妙なピアノが主導するステップを踏むような遊び心のある表現。低域は支配的でなく味付けに徹しており、楽しげで茶目っ気のあるボーカルを中心にやや華やかで若干頽廃的な雰囲気に酔える。

 nano.RIPE「ラルミー」はnano.RIPEの曲の中でもややざわざわしやすく、うるさくガチャガチャしがちな曲。このイヤホンはまずドラムが軽快で重たくせず、サビでのボーカルの飛翔をうまく支えて、弾ませていく。ベースの利きも下にエネルギーを一度貯めて上に解放する弾力となっており、下方向に貯まりこんで沈まないために、全体として前向きで力強い曲調がうまく出ていて、ヤマ場でやや過剰になるハイハットなども耳障りにならない軽快なものになっている。

 歌組雪月花「回レ!雪月花」は緻密に出し過ぎてしまい、ややリズムが硬く、全体として硬質になっている印象であり、元々ボーカルと楽器が絡み合う独特のグルグルした回転の感じられる中毒性が魅力である部分が強く出過ぎて、ボーカル周りに音が集中しすぎ、目を回すくらいめまぐるしくなってしまっている。中毒性がかなり高いので、うるさすぎないが、人によってはくらくらするくらい過剰になっている。

 

【4】総評

 高い装着性とタッチノイズのないケーブル、一部相性はあるようだが全般的に安定的な通信性能とスポーツ向けワイヤレスイヤホンとしてはかなり理想的であり、コスパは文句ない。音質的にも繊細さと開放感を兼ね備えた比較的万能なもので、低域は量感自体には乏しいものの、それを補ってあまりある弾力性を持っていて、軽妙で明るいアニメソングには強く、JAZZも遊び心の強い曲を中心に楽しめる。ダンスミュージックやシアトリカルな表現の入るゲームミュージックにも向き、ごくまれに表現が行き過ぎてしまうところがあるものの、ほぼ万能といってよい聞き心地は万人向けに近い。ほとんどハズレがないという意味でかなりおすすめである。

 

 

 

【5】このイヤホン向きの曲

 寂寥感のある導入、華やかさを増してシアトリカルになっていく中盤以降までうるさくなるところなくスムーズな流れで導いてくれる。曲の展開によって情感を溜めるゲームミュージックや映画音楽を楽しむにはこのイヤホンは持って来いだ。

 

 この曲はイヤホンによっては重苦しくなりすぎたり、逆に低域が軽くなりすぎて薄味になったり、ノイズ感がうまく出なくてあっさりしすぎることがある。しかしこのイヤホンは低域を軽快な弾力で表現するので一定の緊張感を維持しつつ開放的なものにしており、同時にノイズ感は緻密に表現してフレーバーとしての焦燥感や心のざわつきを余すところなく伝えており、価格帯を考えると、うまいとしか言いようがない。

 

  やや過剰な弦楽の色彩感はうまく出ており、そのうえで全体として弾みのあるパーカッションの表現が、青春期独特のわくわく感、冒険心、自己充足感を思い出させてくれる。ボーカルものびやかに出ていて、明るく元気。

 

  名曲「ハッピーハミング」もなかなかよいが、ネット上に良質な音源が見つからなかった。ロンドンフィル版だが、中盤の「ハッピーハミング」部分はやや味気ない。とはいえ逆に前半のオーケストラ版「木漏れ日の中で」はこのイヤホンで聴くとうららかな陽光から風のそよぎ、それに合わせて踊る草花の香しい呼吸さえ聞こえる。価格を考えれば、まさに秀逸。

 

〔5色展開〕SoundPEATS サウンドピーツ Bluetooth イヤホン 高音質 aptXコーデック対応【メーカー直販 / 1年間保証】低遅延 外れにくい 耳掛け式 Bluetooth 4.1 + CSR社チップ採用 IPX4防水 IP4X防塵 スポーツイヤホン マイク付き ハンズフリー通話 CVC6.0ノイズキャンセリング 音漏れ防止機能 ブルートゥース イヤホン Bluetooth ワイヤレス イヤホン Bluetooth ヘッドホン Q9A ブラック

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。

【ワイヤレスイヤホン Awei A921 レビュー】安定した通信性能にほどよく量感のあるややブーミーな低域

Bluetooth Sports Wireless Runnning Stereo Magnetic Headphone for iPhone,Tablets,Android Phones

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170413040057j:plain

ASIN

B01K1UYXR4

 比較的シンプルなデザインのBluetoothワイヤレスイヤホン。ハウジングはドラム型で耳によく収まり、重量的にも軽めだ。平形ケーブルのタッチノイズはやや目立つ。

 通信性能的にはかなり安定しており、音飛び・遅延はまれで動画鑑賞にも問題なく使用できる。aptXには対応しない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、マニュアル。マニュアルは日本語には対応しない。

 

 

【2】音質

 音質面では密度と量感がある低域が特徴的だ。味付け的にはややブーミーで強く重たく響くと言うよりはズンズンとした地鳴り感を加える印象で、目立ちすぎる感じはないが、重厚な低域が好みの人にはやや物足りなく感じるかも知れない。ドラムも下方向に床面を作る感じが近く、どちらかといえば深みを感じさせる鳴り方をする。ボーカルはその低域のやや上中央に聞こえ、中高域はやや控えめ。全体としてはやや暗めの表現。

 

[高音]:高域はやや落ち着いた印象で天井感も近いので開放感は出づらい。サビでは行って来いな展開になりやすい(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域も奥行き感にはやや乏しく、低域の陰に隠れがちで弱い印象。自己主張はそれほど強くない低域だが、それ以上に中域が引っ込み思案すぎる印象があり、また音は全体的にボツボツとした乾いた感じがある。そのためどんな曲でも味付けはドライに感じられがち。

[低音]:低音はブーミーでドンドンというよりはズンズンという空間に響かせる印象。100hzから素直に減衰していくので、深さが出る(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:ブーミーな低域が自己主張はそれほどでもないが支配的で、全体的に下方向を感じやすい。天井は近く、逆三角な空間印象(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドンドン来る感じの音でなく、反発感には乏しいのでドラムは場合によって意外とおとなしく感じるかもしれない。中域パーカッションの味付けはドライかつややアタック感に乏しい落ち着いた印象で、全体として緩やかな印象(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:女性ボーカルは暗く感じられる。のびやかさにはやや乏しい。

 

【3】官能性

 ダイスケ「いつだって。」は安定的ではねるところのないボーカル表現になっていて全体としてやたら低域中心に落ち着いた印象になっており、曲は全体的に暗めかつ穏やかで変化に乏しい。アコースティックなギターも彩りに乏しく、全体的に単色かつ灰色な味付け。この曲本来の色彩感がうまく出ていない印象だ。

 池田綾子「ひとつの願い」はダークでドライな感じで密度がよく出ている印象で、この曲の持ち味の一つである胸につまされるほどの切実さは出ている。ただベースの利きは中域付近ではやや弱く、重厚さという意味ではそれほど強くなく、心の闇を思わせる深淵を感じさせる味付けになっている。

 Rie fu「For You」は個人的にはなかなかうまい印象だ。軽快さもそこそこ出ており、低域中心に楽器がまとめられているせいか、もともと明るすぎないボーカルの傾向とも相まって、独り言・自問自答に近い胸に素直にとどまる納得感がある。全体としてはやや暗めではあるものの、それが逆に効果的な印象だ。

 Rasmus Faber「時の記憶 JAZZ Ver.」は深みのある低域管弦の音と、ざわつきすぎないパーカッションが非常に安定的で説得力を感じさせる。ピアノも硬くなりすぎず、ほどよい柔らかさを感じさせ、全体として濃密で深い表現になっている。

 

【4】総評

 深い低域、安定的でやや暗い表現の傾向、行って来いな高域と、どちらかといえばジャズ向きな印象。ドラムの鳴り方もはじけるよりは地熱を加えるもので、渋みのある大人びた曲調によく似合う。そのためポップス曲やダンス曲、ロック曲ではどうしても暗い感じと軽妙さに欠けるあたりが気になり、ボーカルものびやかさに乏しいので十分に楽しめない印象になりがち。通信性能的にはなかなか安定しており、遅延などはほぼ感じられないので総合的に見れば、コスパは必ずしも悪くないが、万人向けではない印象だ。

 

 

 

【5】このイヤホン向きの曲

 低域に寄った濃密な表現、上方向に伸びすぎず心に深く沁み入ってくるボーカル表現、全体としてゆったりと響かせるリズムパーカッションなどこのイヤホン向きの要素が詰まっている一曲。

 

 同じジャズでもテンポが速く、やや変化に富む曲調だと若干展開に乏しく中毒性は低くなるが、それでも深掘りされる濃密な低域管弦の表現はなかなか味わえる。

 

Bluetooth Sports Wireless Runnning Stereo Magnetic Headphone for iPhone,Tablets,Android Phones

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。