読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ワイヤレスイヤホン Ecandy JY-028 レビュー】音に方向感があり、移動し変化する音場を感じられる。低域がタイトで弾み、高域がきらきらと輝く

Ecandy Bluetooth 4.1ワイヤレスステレオヘッドセット スポーツ ジムエクササイズヘッドホンイヤホンハンズフリー通話 (オレンジ)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160515173136j:plain

 イヤーフックつきの大型で独特のイヤーピースが特徴のBluetoothスポーツイヤホン。

 装着感に安定感があり、圧迫感がないが耳にしっかりとした存在感を残しており、外れたらすぐわかる。

 遮音性は普通より高めで、音漏れはやや少なめ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は英語のマニュアルとUSB充電ケーブル。

 平形コードには止め金具が付いており、コードが邪魔にならないよう好きな長さに調で切るようになっている。 コードノイズは少なめ。

 

【2】音質

 全体的にはドンシャリに近いが、低域より高域の鮮やかさが印象的。 明瞭感と粒感のある音で、ほどよい弾力感もある。 低域はタイトに締め上げ、高域は透き通るようなきらめきを出す。

 曲によってはやや刺さりやすいところがある。

 

[高音]:透明感が強くきらきらとした輝きを感じる音。突き抜け感もあって天井は高く感じられる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域はやや奥まり、ボーカルの後ろに隠れがちではある。どちらかといえば背景に回って支える音

[低音]:締まった振動音で40hzくらいまでほとんど乱れなくきれいに減衰する。この引き締まり感がタイトな低域表現につながっていてハリの強い迫力のある足場を作る(分島花音「killy killy JOKER」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:低域が弾みの強い張った床を作るのでやや腰高に感じれる上に、やや背景に奥まって左右の方向感が強い中域、透明感が強く上方向に抜けていく高域が三角形に上がっていくような音場を作っている(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムに弾けた感覚がありアタック感強め。弾みのあるパーカッションは粒感と方向感もあって緻密に感じられてなかなか味わい深い(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:低中域は肉厚で生命感があるが、高域に向かうほど透明感ときらめき感が出ていく。シャンデリアのような上方向にきらめくボーカル表現で男性女性問わず聴き応えはある。

 

【3】官能性

 やなぎなぎ「ユキトキ」はボーカルの透明感に方向感の強い音楽演出が素直に出てなかなかうまい。 この曲では生き物が走り回るような移動する音響表現が入るが、それを思う存分楽しめる。 そうした躍動的でエネルギッシュな音場にのびやかで透明感のある女性ボーカルがほどよく抜けて高みを感じさせながら響いてくる。 満足度はかなり高い。

 UVERWorld「CORE PRIDE」はドラム次第でだいぶ印象が変わる曲。 このイヤホンではドラムは弾みが強い床面を感じさせるハリのある音になっており、上方向にエネルギーを放出する音場を感じる。 サビは高く上昇して抜けていき、広い空に飛翔していく。 これも気持ちが良い。

 nano.RIPE「スターチャート」は弾みの良いドラムが疾走する前方展開性の強い中を透明でのびやかなボーカルが貫いていく。 タイトで引き締まったパーカッションに鮮やかさのあるギター音があたたかみのある空間を作っていて密度も感じられる。 個人的には好みの味付けだ。

 ピアノに彩りがあり、ジャズもうまい。Rasmus Faber「オリオンをなぞる Jazz ver.」は終始鮮やかでキンキンと尖るところなく、ほどよいあたたかみを保ってリードするピアノに落ち着いたパーカッションがムードを盛り上げる。 ピアノの音に方向感があり、音階の変化に合わせて方向の変化も感じられて単調にならない。

 

【4】総評

 個人的にはおすすめのイヤホン。 弾みのある低域、鮮やかな中高域、方向感の明確な空間表現。 密度とあたたかさが感じられるがぼやけた感じは少なく、引き締まったところのある音。

 クラブミュージック、ロック、ジャズに向く。

 一方でクラシック音楽の管弦楽もきれいだが、吹き鳴らしの空気感や息づかいのようなものがやや足りない気がし、聴き応えはなかなかだが、上記の曲ほどではないがする。

 

Ecandy Bluetooth 4.1ワイヤレスステレオヘッドセット スポーツ ジムエクササイズヘッドホンイヤホンハンズフリー通話 (オレンジ)

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。