読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ワイヤレススピーカー Ecandy E925 レビュー】LEDで光る演出が楽しいワイヤレススピーカー。フラットに近い聞きやすい音。遅延はほぼない

Ecandy Bluetooth 3.0スピーカー ポータブルワイヤレススピーカーLEDライト内蔵マイクと充電式バッテリー付きハンズフリー通話用 (ブラック)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160515163402j:plain

 Bluetooth対応コンパクトワイヤレススピーカー。

 音響に合わせてLEDで前面が光るのが特徴。 このLEDは音量に合わせて光るので、動画や音楽を再生していてもミュートでは光らない。 ちなみに光り方はスペクトラムではなく、単純に音量の上下だけ影響する。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は英語マニュアルとUSB充電とAUX入力を兼ねたケーブルが1本付属する。

 本体上面に操作パネルがあり、Play/Pauseやモード変更、ボリューム上下、曲戻し送りに対応する。PCの場合このパネル操作は再生ソフトウェアによって挙動が異なる。

 

【2】音質

※このスピーカーはBTワイヤレスとAUXワイヤードで入力でき、それぞれで音味が変わる可能性がありますが、テストは一般的な使用環境を考慮してBTワイヤレスで行っています。

 この大きさの小型スピーカーは比較的低域が目立つものが多い気がするが、本機種は低域は控えめで全体的にフラットな印象。全体的に粒感のある感じの音、高域は尖りがありやや刺さりやすい。

 大音量では音像が荒れるところがあるが、これは低価格小型スピーカー全般に共通するところなので特にこの機種が劣るわけではない。

 

[高音]:高域は突き抜け感があるが、少し尖り、刺さりやすい。大音量では耳にキンキンくるところがある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域はやや奥行き広めだが左右の方向感に乏しい。

[低音]:低域は粒感のある音で比較的おとなしめ。60hz以下からあまり存在感がない。そのせいかドラムがタップダンスしているかのように硬い表現になっている(分島花音killy killy JOKER」、UVERworldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:奥行き感はあるが、左右の方向感に乏しいモノラルな音域。(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:そこそこ立ち上がりが良く、ソリッドな感じなので弾ける感じは出ている(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは近く分離している。ただそのせいか大音量で荒れる場面では真っ先に割れやすいことも。

 

【3】官能性

 UVERworldCORE PRIDE」は男性ボーカルとドラムが強く支配する曲。 ドラムはタップダンスをしているのかのような床面を感じさせる音。 そのせいか地平線を強く意識させる味付け。

 ChouchoDreamRiser」もドラムが比較的主導する曲だが、このスピーカーだとドラムが軽く行進曲風に聞こえる。 ただそのおかげか曲の疾走感は強い。

 多田葵「灼け落ちない翼」はボーカル主導の味付け。 ボーカルの一貫性のある表現を楽しめるので満足度は悪くない。 大音量時はサビ付近で音が割れやすく、刺さりやすく痛くなるところが若干ある。

 

【4】総評

 このスピーカーは音質的には物足りなさもあるが、見た目の楽しさが格別。 モノラルに近い平面的な音楽表現はわかりやすい反面、味気なく思うことも多いかも知れない。

 ただ通信性能は比較的安定していて、遅延は感じられないので動画再生でも不自然なところなく楽しめるので万能に使いやすい。

 

Ecandy Bluetooth 3.0スピーカー ポータブルワイヤレススピーカーLEDライト内蔵マイクと充電式バッテリー付きハンズフリー通話用 (ブラック)

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。