読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【Bluetoothスピーカー Dylan YX-1004 レビュー】これはおすすめ!素直にガジェットとしての楽しさに満ちている。しかも音質に妥協なし

Dylan Bluetooth スピーカー LEDディスプレイ付き マイク内蔵 通話可能 TFカート&USBメモリ対応 ポータブルワイヤレススピーカー(ブルー)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160515172902j:plain

 個人的にこれは文句なくおすすめ。

 ガジェットとして面白いし、所有欲を満たしてくれるデキの良さ。 スポーツカーのおもちゃとしても造形はそこそこのデキでタイヤも回転するので手で走らせて遊べる。 塗装はところどころ色ムラはあるが概ね良好。

 当方の個体はバリなどはない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は充電用USBケーブル、それにAUXケーブル、そしてLEDライト。

 音声入力はBluetoothとAUXケーブルに対応。 aptXには対応しない。

 車体後部にコントロールパネルがあり、そこには液晶パネルがあって内蔵電池容量も確認できる。

 音楽をかけるとその音楽に合わせてヘッドライトのLEDがキラキラと光る演出あり。

 

【2】音質

 低域にしっかりとした振動感。中域にはやや厚みがなく軽いところはあるが鮮やかさはそこそこあり、高域もよく伸びてやはり鮮やか。

 ドンシャリがちだが、かなり万能にそこそこの音を楽しめる。

 ただ小型スピーカーゆえのミニチュア感というかガチャガチャ感はある。

 

[高音]:のびやかさと透明度はそこそこあり、突き抜け感もなかなか。平均して水準以上のきれいでのびやかなうまい音を聞かせる。決してすごい音ではないが、刺さりもなく抜けも良く侮れない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域はやや奥まって落ち着いている。ボーカルを背景から支える障子のような感じ。これはスポーツカーの形状ゆえのスピーカーの特殊な配置から来るのかも知れない。また若干厚みがなく軽い音に思う。

[低音]:低域はしっかりとした振動感があるが、重低音はあまり響かない。70hzからいきなり弱くなるところがあり、それが腰高な音場にしている。存在感はあるが、支配力はそれほど強くなく、ボーカルや中域をそれほど邪魔しない(分島花音「killy killy JOKER」、Roud Table featuring Nino「Rainbow」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:低域が作る腰高な地平線、中域が障子のように背景にいるのでひな壇のような音場に思える。上方向は天井が高いが、左右は方向感に乏しい(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:パーカッションは少し篭もるような感じがあり、メリハリが少しボケるところがある。一方で低域に近いドラムの張力は強く出るので大抵の曲調は粘り腰で腰高に聞こえやすい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルの分離感は強く、かなり手前にしっかり位置取りしている。

 

【3】官能性

 Choucho「空とキミのメッセージ」は自由に踊るようなボーカルが刺さらずにうまくのびやかに撥ねていて楽しい。 沈まないドラムが水平線を作っていて、足場のしっかりした音場をボーカルが撥ねたり飛んだりしながら、広い空を伸びていく曲調。 ボーカルが終始主導していくメッセージ性の強い味付けだ。

 多田葵「灼け落ちない翼」はやはり低域が支える音場をボーカルが比較的自由にのびやかにどんどん貫いていく展開。 前方展開性が強く、パーカッションは素直にボーカルを背景から色づけする。 ボーカルの透明感と浮き上がり具合に飛翔感も感じられ、低音のステージの上のきれいなボーカルを思う存分楽しめる。

 SPYAIR「サクラミツツキ」は終始ドラムとボーカル主導でスパイスを効かせるギターには立体感がなく、本来はサビ付近で盛り上げるパーカッションもドラムの安定感が目立って、やや単調になってしまう。 どうもパーカッションやギターが味付けする曲は苦手のようだ。

 Claris「コネクト」は低域の安定感が強く、ボーカルの存在感も終始支配的で迫力がある。 一方でギター音などは背景に隠れてやや存在感が薄いのでやや単調気味なところはある。 ただサビでの低音の音圧感は充実していて密度があって圧倒される。

 

【4】総評

 低域に振動感があり、ドラムやベースはかなり存在感を感じやすい。 ただし深掘りされないのでかなり腰高。 ボーカルはかなり分離されていて、歌詞は明瞭で聞き取りやすく歌付きの曲は基本ボーカルが主役ということを考えれば満足度は高い。

 ただどの曲も低域とボーカルで主導する展開になりがちなのでやや単調に感じるところはあるが、ボーカルがのびやかで変化に富んだ曲は逆にボーカル主導で楽しめる。

 

 とにかく外観の面白みにガジェットとしての魅力満載だが、液晶で充電量確認できる、卓上用LEDライトがつくなど実用性もあり機能的。

 これは個人的におすすめ。

 

 

Dylan Bluetooth スピーカー LEDディスプレイ付き マイク内蔵 通話可能 TFカート&USBメモリ対応 ポータブルワイヤレススピーカー(ブルー)

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。