読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ワイヤードヘッドホン JVC HA-SW01 レビュー】自然で深みのある音。まろやかな優雅さ。あたたかみのある精密さ。全てがハイレベル、そして独特

JVC HA-SW01 密閉型ヘッドホン ハイレゾ対応 CLASS-S WOOD HA-SW01

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160515060833j:plain

 木製の振動板を採用した独特の温かみのあるサウンドが特徴のヘッドセット。ヘッドバンドは柔軟でイヤーマフやクッションにも厚みがあり、付け心地は上々。没入感も高く、音漏れも少なめ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 携行用のケースが付属する。ケーブルは着脱式の両出しケーブルでリケーブル可能。タッチノイズは少しあるが少なめに思う。

 

【2】音質

 聴き始めはややぼけた印象を受けたものの、篭もった感じは全くなく、温かみのある中に音像のはっきりした緻密さが感じられる。なめらかだが、立ち上がりも良く、綺麗に溶け込んでいく上品な音。尖りや刺さりとは完全に無縁だ。

 

[高音]:のびやかで高く突き抜け、爽快感がありながら尖らない柔らかみがある非常に優雅な音(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:緻密だが優しく温度感があり、暖色系の色彩を感じる。音のそれぞれが重なり合う密度と定位感がうまく出ていて、圧迫された感じのないじんわり感のある音になっている。

[低音]:100hz~40hzまでブーミーだが温かみのある音。30hzからは沈み込む。ドラム音には弾力性と穏やかだが存在感のある地鳴りが感じられ、支配的に強くなりすぎないがはっきりと存在を感じる(分島花音「killy killy JOKER」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:柔らかく球状の音場。充実した感じで高域は高く、低域は深く、そしてボーカル周りに鮮やかな密度を作る(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:シンバルの表現にとくに驚いた。鮮やかだが細やかで活き活きしており、乾いた感じとほどよい重み、振動感、そして走る感じ、ほかのヘッドホンではなかなか味わえない生々しさのある音に感心しきり。立ち上がりもよいが尖る感じはなく自然に走っていく表現には並々ならぬ作り込みを感じる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:楽器との一体感がある。温度感もあってあたたかく聞きやすい音だが、突き抜けていく感じも自然に高まっていく感じで刺さらないきれいな持っていきかた。素直にすごいと思わせる。

 

【3】官能性

 多田葵「灼け落ちない翼」は透明感が強いと刺さりやすい曲。だがこのヘッドホンでは音像に乱れは全くなく、終始柔らかみを維持している。だがのびやかでサビでは高く力強く登っていく。抜けも自然できれい。緻密さも良く出ていて、聴き応えのある表現だ。

 鈴木このみDAYS of DASH」はパーカッションの表現が素晴らしい。弾みよく立ち上がった出だしから、気持ちよく自然に走って行く展開。ギターの立ち上がりも良く彩りを添えている。なによりボーカルが力強くのびやかで、サビでの突き抜け感も自然に天井を突破していく開放感に満ちており、しかも高域でも自然な温かみが失われず生命力が感じられる。非常に明るく元気で優しい。

 東京カランコロン「スパイス」ではやはりパーカッションの走りが精彩に満ちて活き活きしている。躍動的な低域にはブーミーさがあるのに緻密さも感じられ、柔らかい密度のある音楽表現でエネルギッシュ。しかし強くなりすぎないで丸く一定の範囲に収める丁寧さを感じる。

 nano.RIPEプラネタリウム」では音に七色の色彩を感じるほど鮮やか。低域は躍動的で、それぞれの楽器が自然な位置から広がりを持って響き、だが仲違いせずに調和性を持って波紋が重なって妙なる調べをなすようにお互いの音を気遣って一つの音楽を支える。全体として密度と広がり、それに精密な鮮やかさが同居しており、素直にレベルが高い。

 

【4】総評

 これはさすがとしかいいようがない。低域から高域まで統一感のあるまとまりになっており、臭みといったものがなく、尖りや刺さりとは無縁。迫力があり緻密さも恐るべきものだが、普通は尖りなどの不快要素を伴いがちな表現力が自然でやわらかく温かみのある聴きやすい音として手渡されてくる。そう、なにか機械的でない、手作りのような音の響き方があり、どんな音楽でも丁寧に聴かせてくれる。

 ほかにない味わいという意味でもこのヘッドセットの魅力は尽きないが、それで音質的に文句のつけようがないのだから、JVCのこだわりに脱帽といった感じだ。

 

JVC HA-SW01 密閉型ヘッドホン ハイレゾ対応 CLASS-S WOOD HA-SW01

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。