読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【PCスピーカー AIKAQI SE-202 レビュー】小型でエレガントなデザイン。響きすぎない低音

AIKAQI PCスピーカー コンパクト 木製 USB電源 コンセント不要 小型 高品質 ステレオスピーカー マルチメディア アンプ内蔵 重厚な音 PC/MP3/MP4/ノート/携帯対応 ポータブル スピーカー SE-202

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160515053741j:plain

 木製の概観がエレガントで落ち着きのあるPC用スピーカー。電源はUSB式、入力はステレオミニジャックだ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 本体に音量調節部はなく、ケーブル中途に音量コントロールユニットがある、シンプルな構造。コントロールユニットの位置はかなり本体側に近く、またそこから両スピーカーに分岐するケーブルの長さもそれほど長くないため、意外に設置場所を選ぶ。

 

【2】音質

 パーカッションに粒感もあり、低域も迫力のある音。しかしサブウーファーがないので重低音は響きすぎない。重低音の衝撃度はないが、逆に隣室まで響くことがないので、使いやすい。

 

[高音]:ややかすれるような感じがあるが、ほどよくのびやか。ほどよい突き抜け感もある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域はおとなしめで自然。
[低音]:100hz~30hzまでブーミーだが渋めに締まって減衰する。20hz以降は沈む。低域ドラムにはほどよいハリが出ている(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)
[解像度・立体感]:自然なステレオな表現で奥行きはそれほど感じないかも知れない(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:ほどほどの立ち上がりの良さと粒感が感じられて、メリハリ感がある(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:ボーカルはのびやかで分離感もありでクリアで聴きやすい。


【3】官能性

 Rie fu「For You」はパーカッションに粒感と弾みがあり、活きが良い。ハスキーなボーカルにはほどよい温度感と力強さがあって、抜けもきれい。小気味よく引き締まった曲調で楽しい。

 奥華子「桜並木」はボーカル優位。若干暗めなところはあるが力強くのびやかさのある声におとなしめのピアノとギターが落ち着いた曲調を作る。ピアノの音にキンキンした尖りや煌めき感はなく、ギターもしゃくり上げる感じや鮮やかさは控えめ。どちらかといえばおとなしめにボーカル中心にまとめた印象だ。

 歌組雪月花「回レ!雪月花」もボーカル中心。緻密な中域はやや奥まって控えめでボーカルが前面に出る。全体的にメリハリが利いてキレが良く締まった表現。精密さには欠けるが、変わりにリズム感と機転の利いた曲になっていて中毒性は高い。

 

【4】総評

 外観のかっこよさ、そしてほどよく締まったメリハリのあるサウンドにエレガントさがある。音の響きは意外と奥まって重厚で穏やか。やたらと響きすぎない大人びたところがあり、重低音を響かせすぎないので使いやすい。平面的ではあるが、聴きやすさと迫力のバランスが取られた音に思う。

 

AIKAQI PCスピーカー コンパクト 木製 USB電源 コンセント不要 小型 高品質 ステレオスピーカー マルチメディア アンプ内蔵 重厚な音 PC/MP3/MP4/ノート/携帯対応 ポータブル スピーカー SE-202

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。