読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Q800 レビュー】ドンシャリ正統派の音。特徴的な形状が実現する独特の装着感

SoundPEATS【メーカー直販/1年保証付】Bluetooth イヤホン 高音質 ハンズフリー通話 ネックバンド型 CVC6.0ノイズキャンセリング機能搭載 防水 防滴 スポーツ仕様 ワイヤレス イヤホン Q800(ブラック)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160526200202j:plain

 独特のネックバンドつきのワイヤレスイヤホン。首回りに安定させることでスポーツ中など激しい運動にもズレが少ない仕様になっている。遮音性はそれほど高くなく、音漏れも比較的大きめ。

 通信性能的には近距離では遅延や途絶を感じないが、音源機器から5m以上離れると通信がかなり不安定になり、頻繁な途絶が生じるようだ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 英語の説明書、イヤーピースの替え、USB充電ケーブルが付属する。ケーブルのタッチノイズはほぼない。

 

【2】音質

 定義通りのドンシャリ。低域がかなり重たく硬く鳴り、中高域はシャリシャリとした鳴り方。そのため全体としてシャープで大味な感じに聞こえやすく、エッジは強めに思う。また尖った音は周囲の音に干渉しやすく、パーカッションやギターが強い場面ではボーカルが押され気味に感じるところもある。

 

[高音]:上方向への突き抜けは結構強く、シャープでやや刺さりやすい場面もある。透明感はそれほど強くなく、キラキラ感は少ない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:やや奥まり、奥行きを感じやすい。

[低音]:100hz~30hzまで比較的自然に減衰する。ブーっと幅が広めに振動するブーミーな音。そのせいか躍動的な感じは少なく、下方向に重く落ち着いていく傾向がある(分島花音killy killy JOKER」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:低域が前面左右に出やすく重さを感じやすい。ボーカルはやや奥まっている(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:シンバルは周辺的でシャリっとした音。ドラムは躍動的でなく、重く沈む(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは楽器に包まれている。場合によって左右の音が強いと影響を受けて埋もれる場面もある。

 

【3】官能性

 Kylee「大好きなのに」はややボーカルが遠目で低域が前面に出る。低域の勢いを感じやすい反面、ボーカルは音圧強めの楽器に押されてややおとなしめに感じるかも知れない。楽器との一体感があるという意味ではよいが、この曲はどちらかというとボーカルの力強さが前面に出た方が妙味が増す気がしないでもない。

 やなぎなぎ「Sweet Track」はややシャリシャリするが、ドラムとボーカルに精彩がある。サビは若干ガチャガチャするものの、全体として一体感があり、ほどよく密度を感じられる表現。

 坂本真綾「プラチナ」はキラキラ感が抑えめで奥行きが出ている。そのため少しおとなしめに聞こえるが、ドラムサウンドの刻みはよく出ているのでリズムは感じやすい。全体として安定的。

 nano.RIPE「Answer Song」も音にほどよくキレがあるが、どちらかというと安定的。重みのあるドラムとベースが下に引っ張るところがある。ボーカルは音楽に包まれていて一体感が強く、温度感を失わない。

 

【4】総評

 正統派ドンシャリというような演出は好みの人も多いかも知れない。シャリ感強めなのは個人的には気になるが、シャープな表現に面白みを感じる人もいるだろう。低域にはほどよい重厚感もある。意外なのはこうしたドンシャリな味付けだと得てしてキラキラ感が強めに出る傾向が強いように思うが、このイヤホンはそれほどキラキラしない。

 ワイヤレスイヤホンの中では廉価で手が出しやすいが、独特の形状が好みを分けそうだ。

 

SoundPEATS【メーカー直販/1年保証付】Bluetooth イヤホン 高音質 ハンズフリー通話 ネックバンド型 CVC6.0ノイズキャンセリング機能搭載 防水 防滴 スポーツ仕様 ワイヤレス イヤホン Q800(ブラック)

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。