audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【aptX対応ワイヤレス骨伝導イヤホン KSCAT Nice5 レビュー】音質的にはやや軽い印象だが、骨伝導イヤホンの中では悪くないほう

KSCAT 骨伝導 ヘッドホン bluetooth ヘッドセット 高音質 IPX6レベル防水 連続再生6時間 ワイヤレス スポーツイヤホン 耳フリー ブラック Nice5

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20161012120315j:plain

ASIN

B018226WP4

 耳前の骨伝導で音を伝えるワイヤレスイヤホン。肉抜きされた多面型の外観はステルス兵器を思わせる現代的なかっこよさがある。

 aptX対応で音声通信性能は高い。しかしながら遅延は発生しやすく、動画鑑賞には向かないかも知れない。

 耳は塞がれないので当然遮音性は低く、音漏れもかなり目立つ。耳を塞がないので蒸れる感じはなく、装着感は悪くない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は充電用のUSBケーブルが付属する。

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51YoDEG%2Be%2BL._SL1000_.jpg

【2】音質

 骨伝導は独特の篭もったというか、はずれかけたヘッドホンやイヤホンのように、薄味になった感じの音になる。そのため、音のキレは全体的にやや物足りなく、ぼやけた感じの音になるところがある。耳に近づけるほど音は大きくなるが、音割れのような感じは強くなる。それでもこのモデルは比較的音質が優れており、以前テストした骨伝導モデルに比べて音にシャープさが残っていて、ぼやけた感じはだいぶ薄まっている。

 

[高音]:のびやかさがあり悪くない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:独特の、平面的でやや狭い感じになる。アナログテレビのステレオ音源のような聞こえ方というとわかりやすいだろうか。
[低音]:骨伝導では低域をカットしているモデルが多いが、この機種はそこそこ出ている。ただ100hz~80hzくらいはかなり振動するので、場合によって不快。50hz以下は無音。(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:平面的(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:リズムは鳴っているが、精彩にはやや乏しい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:のびやかさはあるが、精彩感にはやや欠ける印象。

 

【3】官能性

 池田綾子「愛の言葉」はボーカルの伸びやかさと精彩感はでている。楽器音が全体的に軽く、奥行き感が減じており、密度的にはスカスカした感じにはなっている。全体的にミニチュア的。

 鈴木このみ銀閃の風」もボーカルはほどほど伸びやかさはあるが、力強さはやや減じている。オーケストラサウンド風の重厚さはだいぶ抜けてしまっており、コンサートライブを遠くから聴いているような印象。

 東山奈央花澤香菜「大切の作り方」はほっこりした雰囲気は維持されているが、やはり管楽音などが弱く、全体的に薄味。

 

【4】総評

 骨伝導イヤホンの中では低域が出るので、厚みはあるほう。それでも迫力や量感、空間表現に欠けてしまう骨伝導独特の問題は解決されておらず、あくまで骨伝導の中では表現力が豊かという評価。値段を考えると骨伝導モデルが必要な人や骨伝導好きの人以外にはいまいちおすすめしづらい。

 

KSCAT 骨伝導 ヘッドホン bluetooth ヘッドセット 高音質 IPX6レベル防水 連続再生6時間 ワイヤレス スポーツイヤホン 耳フリー ブラック Nice5

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。