読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ワイヤレスヘッドセット AUSDOM AH2 レビュー】低域を支えに、密度の高い重厚な音楽を奏でるヘッドセット

Ausdom AH2 ヘッドホン ワイヤレスブルートゥース Bluetooth V4.0+EDR 内蔵マイク 高音質 3.5MM 折り畳み式 充電式 長待受時間250hrs 長使用時間20hrs ケーブル付属 スマホ/PC/タブレットPC/ゲーム機など対応

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20161101073329j:plain

ASIN

B01D5YH1HC

 ワイヤレスヘッドセット。イヤーマフが革質で価格の割に耳当たりが良質で、装着感はなかなか。通信途絶や遅延はほぼなく、動画鑑賞や通話にも堪える。

  遮音性はそこそこ高く、音漏れも適正音量ならそれほど目立たない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は充電ケーブル、優先接続用のAUXケーブル、マニュアル。マニュアルは多言語対応だが、日本語には対応しない。

 メインインターフェースは電源や音量調節などのコントロールパネルが右イヤーにある。

 

【2】音質

 やや厚みのある低域と軽快かつほどよい緻密さのある中域が魅力で、全体として下方に安定した印象の音質。空間的にはほどほど広く、高域はややおとなしめ。

[高音]:のびやかだが、ややしっとりした落ち着いた感じの音でキンキン尖る感じはない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:ほどほど広く、密度感もそれなりに感じられる。音に厚みがあり、ピアノ音などの精彩感もそこそこあるので満腹感のある音質と言える。

[低音]:100~30hzまで比較的シームレスな減衰。20hz以下はほぼ無音。低域にしっかりとした深みが出ている(分島花音killy killy JOKER」、Round Table featuring Nino「Rainbow」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:全体的に頭の周り耳の周囲に音が集まり、囲まれている感じになる。奥行き感はそこそこ(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:それほどシャープではないが、弾みはそこそこあり、深みもある。躍動感はほどほど出るが、アタック感はそれほど強くない(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:全体として厚みがあり、そこそこのびやかだが、高域に高く伸びていく感じはそれほどなく、中域~低域で力強さを感じる傾向にある。

 

【3】官能性

 Kylee「大好きなのに」は低域ドラムやベースがしっかりと土台を作り、下方に厚みを感じる重厚な感じになる。ボーカルは高域では落ち着いた感じで力強さはほどほどで中毒性は高くない。

 奥華子「恋」はピアノの音にほどよい精彩感と落ち着いた艶やかさがあり、高域も尖った感じがなくしっとりしているので、非常に大人びた曲調に聞こえる。穏やかな波を打つ海面とやや生暖かさのある風を感じる晩春の気候のような音楽が展開されている。

 Claris「カラフル」は低域重視でパーカッションにほどほどの弾みがある。音の緻密さはそれほどでもないので中毒性は薄いかも知れないが、全体的に重厚でややシネマティックに感じられる。

 

【4】総評

 価格の割に高級感のある外観と付け心地は魅力。音質的には低域寄りの重厚な音になるが、それほど下に引っ張りすぎず、全体として水平線寄りに音が集束しているというような印象だ。高域はややしとやかで重い感じがあり、女性ボーカル好きの人は好き嫌いが出そうな音ではある。

 

Ausdom AH2 ヘッドホン ワイヤレスブルートゥース Bluetooth V4.0+EDR 内蔵マイク 高音質 3.5MM 折り畳み式 充電式 長待受時間250hrs 長使用時間20hrs ケーブル付属 スマホ/PC/タブレットPC/ゲーム機など対応

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

 


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。