読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【カナル型イヤホン BCOOL S868 レビュー】中域やや低め重視のやや重厚な味わい。密度と奥行き感はそこそこ。ピアノの精彩は低価格モデルでは上質

BCOOL 高音質 インナーイヤー型イヤホン マイク付き ボリュームコントロール可能 音楽再生 重低音 ステレオインサイドホン 密閉型 カナル型 ヘッドホン IOS/Androidに対応 SUR S868

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170411011050j:plain

ASIN

B01M228WEY

 比較的小型のハウジングは傾斜が設けられていて、耳にしっかりとイヤーピースが嵌まる。装着感は軽い。遮音性はそれほど高くなく、音漏れもだいぶ目立つ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、携行ケース。細身のケーブルのタッチノイズはそれほど目立たない。

 

【2】音質

 中域の充実度が高く、かなり量感を伴ったしっかりした音が聞こえ、奥行き感もそこそこ感じられる。低域はそれほど強くなく、高域も精彩が強くないので、全体としてカマボコ型といった味わいになる。中域やや低めの音のあたりにとくに精彩が感じられるので、床面も感じられ、リズム感もほどほどにしっかりしている。軽妙さも出るが、上に強く弾けないので安定感がある鳴り方で、表現の一貫性と密度が強く感じられる。中域の弦楽とピアノの表現は情感にもほどよく優れている。

 

[高音]:高域はやや奥まる印象となり、曲によっては中域に隠れがちになることも多い(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:ピアノと弦楽の密度と厚みはなかなかで、濃密といった表現の似合う中域。奥行き感もほどほどあるので、広さもそこそこ感じられる。
[低音]:中域ほどではないが、厚みがあって振動はしっかりしている。80-60hz付近にピークが有り、床面はやや高いが、それが明確な弾みや反動、張りを感じさせてくれる。そのためドラムの粘りは意外とよく感じられる(分島花音killy killy JOKER」、UVERWorldCORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:やや腰高気味の床面と天井の近い高域、奥行き感と密度のある中域が織りなす、パノラマに近い空間表現(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:リズムを刻むドラムはよく聞こえるが、その割にシンバルなどのスパイスを利かせるパーカッションはやや弱い(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:中域のボーカルは密度もあり、肉厚さがあって力強い。解像度の問題かぼそぼそしたところはあり、高域は特にパサパサしている感じがある。

 

【3】官能性

 早見沙織東山奈央「Hello Alone」はボーカルのみずみずしさが足りず、かなりドライな味わいになっている。リズムが強く床面を意識させ、開放感が足りないので全体として暗い。量感は優れているが、とくに早見沙織のボーカルがダークでやや陰鬱に響いてしまうので、本来のこの曲の憂いを帯びながらも元気で明るさを忘れない前向きさが失われている。

 多田葵「灼け落ちない翼」は密度のある中低域がしっかりとリズムを刻み、一貫性のある展開。ほどよい空間的な広がりもあり、サビ以外は満足度が高い。一方でサビはのびやかさが足りず、高域の煌めき感がうまく出ないので覇気が感じられず、全体としてやや活力に乏しい曲調になってしまっている。

 今井麻美「朝焼けのスターマイン」もやはり下方向に厚みを感じる。ドライでハスキー気味になっても突き抜け感が強めのボーカルが温度と開放感をなんとかうまく感じさせて充実感は比較的高い。

 秦基博「水彩の月」は密度のある中域にほどよく温度を加える低域、そしてドライな男性ボーカルがうまくこのイヤホンに合致している印象だ。この曲のサビの天井の高さは感じられないため、虚空の月は感じられないものの、全体として味わい深い。

 

【4】総評

 低価格ながらしっかり楽しめる中域は魅力的。低域もそこそこ出ているので、迫力とリズムも味わえ、低域重視の人もほどほどに満足させることが出来る表現力を持っている。一方で高域の味気なさ、とくにアニメ声やアイドル声などの明るめの元気良い声質との相性は悪く、全体的に暗く聞こえがち。ハスキーボイスや男性ボーカルとは相性がよく、ドライな味わいを思う存分堪能できる。かなり低価格であることを考えると、コスパはかなりよいと思われる。

 

【5】このイヤホン向きの曲

 熱量と密度のある中低域が焼け付き、小春日和の思いがけない鮮やかな暑熱を感じさせる。肌寒さをぬぐい去る陽光の温度感はこのイヤホンでうまく表現され、圧倒的な世界観に没入できる。

 

 やはり密度と情感に溢れた弦楽が豊かな音楽を奏でるこの曲もこのイヤホンに合う。熱気は失われず、広さと情感も失われず、しかも濃密な空気感が身体を包み込んでくる。

 

BCOOL 高音質 インナーイヤー型イヤホン マイク付き ボリュームコントロール可能 音楽再生 重低音 ステレオインサイドホン 密閉型 カナル型 ヘッドホン IOS/Androidに対応 SUR S868

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。