audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【カナル型イヤホン awei ES-10TY レビュー】低域の響きが重く存在感があって、中高域もそこそこ秀逸。低価格ではおすすめの低域ホン。音漏れには注意

AWEI カナル型 イヤホン 高音質 マイク 付き 通話 音量調節 重低音 耳栓 インナーイヤー型 イヤフォン ステレオ ヘッドホン ES-10TY Gold

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170419230122j:plain

ASIN

B01M0NMK9K

 装着感は悪くない。遮音性はほとんどなく、音漏れもかなり露骨。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、マニュアル。マニュアルは日本語記載は無い。平形ケーブルのタッチノイズは目立つ。

 

 

【2】音質

 音質的には躍動的で深みと厚みもある低域がかなり魅力的。個人的にこの低域は低価格モデルの中ではかなり良質な部類で、締まりもほどよくあって表現がキリッとしている。中高域以上も輪郭がしっかりしており、広さと方向感も感じられる。のびやかと突き抜け感もかなりあって、ほどよくキラキラしており、若干サ行が刺さりやすいものの、気になるほどではない。

 

[高音]:ほどよくのびやかでキラキラ感もあって上昇感は出やすい(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:やや奥まるところもあるが、全体的に精緻で音像はしっかりしている。ピアノ表現などはやや単調に思うが、輪郭・定位感はかなりはっきりしている。

[低音]:低域は弾みと深み、厚み立ち上がりもよく、曲全体の表現に大きく貢献する。これだけ存在感がありながら、支配的にならず、曲調を暗くしないのが良質な証拠100hz付近はかなり締まってタイトな音だが、70~60hz付近のピークでは振動の振れ幅が大きく感じられて荒れ気味になり、50hz以降はややぼやけながら減衰する。これが表面張力を感じさせるタイトさと深掘りを同時に感じさせる秘訣になっている印象だ(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:そこそこ広めな空間だが、一方で低域は一定の位置でタイトに締め上げる感じもあり、箱型の空間を感じる。下面は床がはっきり感じられるが、上に向けては比較的開放されている(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラム優位ではあるが、全般的に立ち上がりはなかなかに良好でアタック感もあり、疾走感もそこそこ出る(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルもなかなかにのびやかで高域の突き抜け感もよく出るので明るめ。女性ボーカルの曲もかなり楽しめる。

 

【3】官能性

 Choucho「DreamRiser」は全体的にドラムとギター・ベースの利きが良く、ボーカルも伸びやかでみずみずしく、フレッシュな味わいが良く出ている。解像度の問題かさすがに過剰気味の効果音はやや潰れてしまうところがあるが、それでもほとんどの音の輪郭はしっかりしており、定位感もあって楽しめる。

 (K)NoW_NAME「Harvest」もなかなかによい。情報量の問題かサビでは演出音がややシアトリカルな持ち味を出せていない感じがあるが、低域弦楽の鳴り方が響きすぎない良質なもので耳障りにならない。埋もれがちなボーカルも奔流となってあふれ出す楽器音に負けない一貫性を持っており、これもかなり楽しめる。

 奥華子「恋」はしっとりしたボーカルの透明感がよく出ていて、サビでの悲壮を伴う高揚感をうまく出しながら、着地もうまくストンと胸に入ってくる。ピアノの表現には少しだけ色彩感が足りない気がするが、ボーカルを邪魔しないという意味ではこれはこれでよいと思える。

 YUI「Namidairo」は大抵のイヤホンでは重くなりがちだが、このイヤホンはタイトさのあるドラムが重さをしっかり表現しつつ音場を締め上げて、ボーカルを暗くさせすぎず、サビの突き抜け感もうまく出るので高揚感が素直に楽しめる。楽器の輪郭感・色彩感もなかなかによい。この曲くらいの情報量だと個々の音も輪郭がしっかりしている。

 

【4】総評

 低価格ではなかなかない魅力的で良質な低域、中高域も価格帯では標準以上の表現力と確かなコスパを感じさせるイヤホン。比較的万能でロック・ポップス・ダンスなんでもござれな雰囲気で、遮音性の低さと露骨な音漏れ傾向、ケーブルタッチノイズの大きさなど実用面での難点に目を瞑れば、音質面では価格帯でもトップクラスの魅力を持つ低域イヤホンだ。

 

 

 

【5】このイヤホン向きの曲

 イヤホンによってはドラムの利きが悪くてだれたり、弦楽の色彩感がうまく出ずに単調になりがちな曲ではあるが、このイヤホンではタイトさと地熱を失わないドラム、ほどよい繊細さのある弦楽、突き抜け感に満ちたボーカルのバランス感覚が秀逸に思える。

 

 定位感に優れているので、こうしたライブ音源も楽しめる。会場の熱気がよく伝わってくる。ロック曲との愛称も抜群。

 

 立ち上がりの良さと輪郭感があるので、R&Bとも相性よし。突き抜け感と力強さのあるこの曲のようなボーカルとも親和性が高い。

 

 ガチャガチャしやすいところのあるこの曲も、軽快さとキラキラ感を出し、ボーカルの突き抜け感も失われない。

 

AWEI カナル型 イヤホン 高音質 マイク 付き 通話 音量調節 重低音 耳栓 インナーイヤー型 イヤフォン ステレオ ヘッドホン ES-10TY Gold

 

【関連記事】 

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。